MComix - Linuxで使える!めちゃ便利なコミックビューア

2017年9月21日

MComixは、漫画ファイルを読むのに非常に便利なコミックビューアです。Linuxで漫画を読みたいなら、このソフトを入れておいて損はありません。

圧縮ファイルをそのまま開ける

漫画をスキャンして保存する場合、画像をページ順に連番で保存し、それをzip・rar・7zといったアーカイブファイルにまとめるのが一般的です。MComixを使えば、こうした圧縮ファイルを展開せずに直接開いて読むことができます。なお「Comic Book Archive」と呼ばれる、cbz・cbr・cb7といった拡張子のファイルは、ただzip・rar・7zの拡張子を変更しただけのものですので、もちろんMComixで開くことが可能です。

見開き表示が日本の漫画に対応

日本の漫画は右から左へ読むので、見開き表示で右→左にページを並べられないと困りますよね。MComixの場合、「表示」メニューの「見開き表示」と「漫画のページ順に表示」の両方にチェックを入れておけば、「ページを右、左の順番で並べる見開き表示」になります。これで、紙の本と同じ感覚で読むことができますね。

スペースキーでサクサク読める

使い方は極めて簡単で、動作も軽快です。スペースキーを押してサクサク読み進めることができます。矢印キーでページを進めたり戻したりすることもできます。

その他の主な特徴

  • ソースコードが公開されている(GPLv2)。
  • 詳しいドキュメントが提供されている(英語)。
  • ライブラリ機能がある。「ウォッチリスト」にディレクトリを設定しておくと、自動で追加されたファイルをライブラリに追加してくれる。
  • ブックマークを登録でき、メニューから開くことができる。
  • 最後に読んでいたページを自動で記憶する機能がある。同じファイルを開いた時、続きから読み始めることができる。
  • 開いている圧縮ファイルや表示中の画像を外部コマンドで開く機能がある。他のプログラムや自作のスクリプトで開くことができる。

MComixのインストール

(2018年7月19日追記)
「Ubuntu 18.04 LTS」のレポジトリから「mcomix」が削除されています。PPAで提供予定ですが、新しく作成されたPPA用の鍵がキーサーバーに登録されないバグにより、まだPPAとしての利用はできません。
インストールしたい場合は、このリンクからdebファイルをダウンロードし、インストールしてください。

(2018年7月20日追記)
Ubuntu 18.04 LTS用PPAの準備が整いましたので、インストール手順を更新しました。

Ubuntu 18.04 LTSの場合

sudo add-apt-repository -y ppa:lintaro/mcomix
sudo apt install -y mcomix

Ubuntu/Debian系の場合(Ubuntu 18.04 LTS以外)

sudo apt install -y mcomix

Fedoraの場合

sudo dnf -y install mcomix

なお、Ubuntu 18.04 LTSで「PPA」を追加する理由については以下の記事を参照してください。

MComixの起動

インストールすればメニューから起動することができます。以下のように、ファイルマネージャーでファイルを右クリックし、MComixで開くというのも便利でしょう。

更新履歴

2018-07-20 Ubuntu 18.04 LTSでPPAを追加してインストールする方法を追記
2018-07-19 Ubuntu 18.04 LTSに関する情報を追記