Linuxテクニック

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)やCentOSなどのLinuxでは、「端末エミュレータ」や「コンソール」といったコマンドラインインタフェース(CLI)で動作する「コンソールエディタ」が広く使われています。

Linuxテクニック

UbuntuやDebianなどのLinuxでは、「端末エミュレータ」や「コンソール」といったコマンドラインインタフェース(CLI)で動作する「コンソールエディタ」が広く使われています。

もちろん、デスクトップ環境ならGUI ...

Linuxテクニック

Fedoraで、「特定パッケージをアップデート対象外にする」方法を、例をあげて分かりやすく解説します。

dnfコマンドのオプションに指定する方法

dnfコマンドを実行する時、以下のように「–exclude パッケ ...

2018年9月7日Linuxテクニック

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)やCentOSで、「特定パッケージをアップデート対象外にする」方法を、例をあげて分かりやすく解説します。

yumコマンドのオプションに指定する方法

yumコマンドを ...

Linuxテクニック

UbuntuやDebianで、「あるパッケージのバージョンアップを保留する」方法を紹介します。保留(固定)を設定することにより、より新しいバージョンがリリースされてもインストールされなくなります。

パッケージのバージョンアップを ...

Linuxテクニック

findコマンドに「-ls」オプションを指定すると、ファイルの詳細情報が出力されます。

findコマンドを実行すると、通常は次のようにパス名が出力されます。

$ find../dir_1./dir_1/dir_c./ ...

Linuxテクニック

tarコマンドで圧縮する時、圧縮方式にあわせて「z」(gzipで圧縮)、「j」(bzip2で圧縮)、「J」(xzで圧縮)などのオプションを使い分けるのは、意外と面倒です。また、「j」と「J」を間違えて「.tar.bz2」という名前なの ...

Linuxテクニック

tarコマンドで「.tar.gz」ファイルを展開する場合、以下のようなコマンドがよく用いられます。

tar zxvf archive.tar.gz

「z」は「gzip」コマンドで伸張処理を行うこと、「x」は展開すること、「v ...

2018年9月3日Linuxテクニック

tarコマンドで作成するファイルといえば「gzip」で圧縮した「.tar.gz」が定番です。それに加えて、よりファイルサイズを小さくできる「.tar.bz2」や「.tar.xz」を作る方法も知っておきましょう。
ファイルサイズ ...

Linuxテクニック

tarコマンドを使って「一部のファイルやディレクトリを除外」してアーカイブファイルの作成と展開を行う方法を、例を用いて解説します。

一部のファイルを除外してtarアーカイブを作成する

tarコマンドに「–excl ...