Google ChromeをUbuntuにインストールする方法

Ubuntuでは、デフォルトのWebブラウザとして「Mozilla Firefox」がインストールされています。しかし、世界で最も広く使われているWebブラウザ「Google Chrome」を使いたいと考える人は多いでしょう。このページでは、UbuntuにGoogle Chromeをインストールする方法を詳しく紹介します。

Ubuntuでは、通常「ソフトウェア」アプリや「apt」コマンドでデスクトップアプリを追加します。しかし、Google ChromeはUbuntuのレポジトリ(ソフトウェアの配布元)には含まれておらず、これらの方法ではインストールできません。これは、Linux MintなどUbuntuベースの各ディストリビューションも同様です。

Google Chromeをインストールするには、まずFirefoxなどのWebブラウザで、Google Chromeの公式ダウンロードページを開きます。

以下のページが開くので、「Chromeをダウンロード」をクリックします。

「64bit .deb (Debian/Ubuntu版)」を選択し、「同意してインストール」をクリックします。

ダイアログが開きます。通常は「ソフトウェアのインストール」が選択されています。「OK」をクリックします。

インストールウィンドウが開きます。枠内に表示されている通り、「Software Repository(ソフトウェアレポジトリ)」が追加されます。これにより、今後は「ソフトウェアの更新」アプリや「apt」コマンドで、Google Chromeの新しいバージョンをインストールできるようになります。「インストール」をクリックしましょう。

認証が求められたら、パスワードを入力して「認証」をクリックします。

しばらく待つと、インストールが完了します。アクティビティ画面で「Chrome」と入力すれば、アイコンが出てきます。クリックして起動しましょう。

初回起動時は、以下のようなダイアログが表示されます。必要に応じてチェックを設定し、「OK」をクリックします。

Google Chromeが起動しました。Googleアカウントでログインすれば、Android端末やWindowsなどで使っているGoogle Chromeで開いた履歴を参照するといった機能を使うことができます。

Dockの上のほうにドラッグ&ドロップして、登録することができます。

なお、Google Chromeの32bit版は提供されていません。32bit版を使っている場合は、コミュニティ版である「Chromium Webブラウザ」を使うと良いでしょう。