root権限でファイルマネージャー(nautilus)を起動する方法

2018年2月3日

(Ubuntu 18.04 LTSに関する追記)
Ubuntu 18.04 LTSでは「gksudo」が削除されているため、この記事で解説している方法を用いることはできません。

Ubuntuを使っていると、root権限でファイルマネージャーを使いたくなる時があります。

そんな時は、[Alt]+[F2]を押し、「gksudo nautilus」を入力後、Enterを押します。

パスワードを入力すると、ファイルマネージャーで「/root」が開きます。

これで、rootとしてファイルの移動や削除などができます。また、このウィンドウからroot権限で他のアプリを起動することも可能です。
たとえば、テキストファイルをダブルクリックするとroot権限でテキストエディターが起動します。もちろん、編集して保存することができます。

root権限で起動しているため、重要なファイルを変更したり削除することもできます。そのため、十分に注意して操作してください。

なお、Ubuntuに限らず、sudoを使えるように設定済みなら他のディストリビューションでも同じ方法が使えるはずです。
CentOSやFedoraでsudoを使えるようにする方法については、以下の記事を参照してください。

関連記事