コマンド履歴の保存件数を増やす方法【Bash・historyコマンド】 | Linux Fan

コマンド履歴の保存件数を増やす方法【Bash・historyコマンド】

2018年7月12日

historyコマンドで出力できる「コマンド履歴」の保存件数は、設定により増やすことができます。

上限数を増やすために環境変数を設定

コマンド履歴の上限数は、次の環境変数で設定することができます。

HISTSIZE
Bashが保持するコマンド履歴の上限数(デフォルトは500)
HISTFILESIZE
HISTFILE(通常は~/.bash_history)に保存するコマンド履歴の上限数(デフォルトは500)

Linuxディストリビューションによっては、デフォルトの~/.bashrcなどで値が設定されています。たとえばUbuntuの場合、~/.bashrcに次の設定が記述されています。

# for setting history length see HISTSIZE and HISTFILESIZE in bash(1)
HISTSIZE=1000
HISTFILESIZE=2000

上限数を増やすには、エディターで~/.bashrcを開き、この値を書き換えます。行が存在しない場合は追記してください。以下は、いずれも「100000」(10万件)に設定する例です。

HISTSIZE=100000
HISTFILESIZE=100000

あまりに大きな数を設定すると、動作が遅くなることもあります。

関連項目