【 Windows 10 】「既定のアプリ」設定ページを最速で開くには?

Windows 10では、「設定」アプリの「既定のアプリ」ページで、デフォルトのWebブラウザーやメールソフト、フォトビューアーやビデオプレイヤーなどを設定できます。既定のアプリは、他のアプリからファイルを開く時に使われます。

Windows 10(バージョン1709以降)でこのページにアクセスしているなら、以下のリンクボタンをクリックすると「既定のアプリ」ページが開きます。

リンクボタンをクリックしても開かない場合は、Windowsキーを押しながらRキーを押し、「ファイル名を指定して実行」に「ms-settings:defaultapps」をコピー&ペーストして実行してください。

以下は「既定のアプリ」ページの表示例です。各項目をクリックして既定のアプリを選択できます。

さらに、下部には「ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ」「プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ」「アプリごとに規定値を設定する」のリンクがあります。これらのページで、たとえば画像ファイルや動画ファイルの拡張子によって開くアプリを変えるといった細かいカスタマイズが可能です。