Windows 10 Fall Creators Updateを今すぐインストールする方法【スクリーンショットつき解説】

10月17日、「Windows 10 Fall Creators Update」の提供が開始されました。といっても、いつものWindows Updateのように一斉にアップデートされるのではなく、一部のユーザーから徐々にアップデート対象が拡大されていく「ロールアウト方式」がとられています。

そのため、自分のPCで動くWindows 10に「Fall Creators Update」が自動で入るのは何週間も後になるかもしれません。

今回のアップデートで、「Ubuntu」などがWindowsストアから導入できるようになるため、いち早く試したい人も多いでしょう。そんな人のために、今すぐ「Windows 10 Fall Creators Update」をインストールする方法を解説します。

始まる前に、アップデートに失敗して起動できなくなった場合にそなえて、大切なデータをバックアップしておいてください。

まず、EdgeなどのWebブラウザでWindows 10のダウンロードページを開きます。そして、「今すぐアップデート」をクリックします。

すると、「Windows10Upgrade9252.exe」というファイルがダウンロードされます。「実行」をクリックしてブラウザから直接実行するか、「保存」をクリックし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

ユーザーアカウント制御が有効なら確認ダイアログが表示されるので、「はい」をクリックします。

「今すぐ更新」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

更新処理が進みます。時間がかかるので、他のことをしていたほうがいいでしょう。

以下の表示になったら、「今すぐ再起動」をクリックします。

再起動し、更新処理が進んでいきます。

更新完了後、サインインするとWebブラウザで以下のページが開きます。これで、「Fall Creators Update」のインストールは完了です。

スタートメニューで歯車アイコンをクリックして「設定」を開き、「システム」の「バージョン情報」を見ると、「バージョン」が「1709」となっているのが確認できます。